導入事例~ガス冷暖房いろんなところで活躍中~

ホーム > 導入事例 > 『エグゼア』に設備更新し、節電に加えて、快適空間の提供と非常時の避難場所を実現。ロータスケアセンター
Vol.32

ロータスケアセンター

  • google+

『エグゼア』に設備更新し、節電に加えて、
快適空間の提供非常時の避難場所を実現。
空調面から高齢者の方々を支える。

ロータスケアセンター

在宅復帰をめざす入所者を
万全の体制でサポートする。

地域の高齢化時代に向けて1998年に開設したロータスケアセンター。介護や看護を必要とする高齢者の中でも、在宅復帰を目指す方を対象にした入所型の介護老人保健施設となっており、窓から柔らかな陽が差し込む広々とした空間でリハビリに励める機能回復訓練室などを備えています。
現在は114名の入所者のほか、送迎で通われる通所介護の方もおられます。そのほか、グループとして居宅介護支援事業所や訪問看護ステーション、ホームヘルプサービスを併設しており、在宅復帰後も安心してケアを受けていただけるように努めています。

機能回復訓練室には、多彩なリハビリ機器が。▲機能回復訓練室には、多彩なリハビリ機器が。

上質なサービスをめざし、
スタッフの育成に注力。

ロータスケアセンターの母体である医療法人弘仁会は、船橋市内で70年以上の歴史を持つ板倉病院も経営しており、一貫した医療・看護・介護の提供が可能です。さらに、医療法人初の市認可保育園を開設するなど、ユニークな取り組みも行っています。
この保育園はケアセンターと同じ敷地内にあります。今では核家族化が進み、小さな子どもが高齢者の方々と接する機会が少なくなっていますから、貴重な触れ合いの場として活用していただいています。ここに子どもを預けて働いているスタッフもおり、子育てをしながら仕事を続けられる環境づくりにも貢献する施設にもなっています。
ロータスケアセンターのスタッフは、約40名の介護スタッフをはじめ看護師、理学療法士など、約100名。人材を最も大切な経営資源と位置づけ、2010年にはキャリアアップ制度を導入しました。例えば、介護スタッフは介護福祉士の国家資格を段階的に取得する教育プログラムを実施するといった、一人ひとりが明確な目標を持ってスキル向上に取り組める仕組みを確立しています。加えて未経験者のトライアル雇用も積極的に行い、中には40?50歳台で初めて介護の仕事に就き、制度を活用してキャリアを重ねているスタッフもいるんですよ。

 ▲居室は明るい雰囲気の洋間。

空調のリニューアルが
『快適』と笑顔を生んだ。

2012年7月にロータスケアセンターは空調設備の一部を更新しました。開設当初からのGHPとEHPを、従来機から最大約20%の省エネ・省CO2性能を備えたGHP『エグゼア』に更新しました。今回は4台導入し、うち2台が機能回復訓練室や食堂、残る2台がスタッフ用バックヤードや浴室の空調を賄ってくれています。
今回の設備更新により、空調だけで約45%の節電効果を見込んでいます。省エネ・省コストのメリットはもちろんですが、一番嬉しいのは利用者の皆さんから「とても快適」と言っていただけるようになったこと。体温のコントロールが難しい方も多いので、空調は非常に重要なのです。以前に比べると効きが早く、風も穏やかになったように感じますね。おかげさまで、更新工事も業務への支障なくスムーズに完了しました。
48ある入所者の居室の空調は、開設当初からナチュラルチラー(吸収式)によるセントラル空調なのですが、今後更新時期を迎え次第、再度ガス空調にて一新する予定です。
また、当施設が船橋市から非常時の要介護者避難場所として期待されていることもあり、停電時の照明を確保するために停電対応型のガスコージェネレーションシステムも導入しました。ロータスケアセンターは、平常時も非常時も安全・安心の拠点として地域社会に貢献していきます。

GHPの屋外機が並ぶ。▲GHPの屋外機が並ぶ。

このページを印刷

各社へのお問い合わせはこちらよりうけたまわります。お気軽にお問い合わせください。ガス冷暖房をもっと知りたいなら!今すぐお問い合わせ!
導入事例TOP
 
お客さま情報
ロータスケアセンター
ロータスケアセンター

医療法人弘仁会
ロータスケアセンター
副施設長

川端 心氏

〒273-0047
千葉県船橋市藤原5-23-1
TEL.047-439-6011
http://lotus-care.jp/

JR総武線など都心に直通する通勤路線が乗り入れ、東京のベッドタウンとしてにぎわう千葉県船橋市。現在、約60万人の人口のうち65歳以上が約20%を占めています。地域の高齢化時代に向けて1998年に開設された介護老人保健施設ロータスケアセンターは、介護や看護を必要とする高齢者の中でも、在宅復帰を目指す方を対象にした入所型の施設です。

ロータスケアセンターさまは、エグゼアの発電機搭載型『ハイパワーマルチ』を採用されています。2台の室外機を連結運転することで1台が停止しても別の1台がバックアップする上、2台で最大48台の室外機に接続、1部屋ごとの個別空調を実現されています。さらに、室外機には約1kWの小型発電機を内蔵し、室外機の冷却ファン、冷却水ポンプに必要な電力を自己で賄っておられます。
ガス冷暖房導入プロセス