導入事例~ガス冷暖房いろんなところで活躍中~

ホーム > 導入事例 > ガス発電とその廃熱の空調利用で節電&省エネ。多治見市民病院
Vol.29

多治見市民病院

  • google+

ガス発電とその廃熱を空調に利用。
災害時を見据えたエネルギー対策で、
地域に貢献できる新しい医療サービスを。

多治見市民病院

最先端の医療技術や設備を導入。
働く女性を支援する施設も併設。

多治見市民病院では、先進の医療技術や機器の導入を行うなど、地域医療の充実をめざしています。一方で、多様化するニーズに対応するため、3D内視鏡搭載手術ロボットのダ・ヴィンチなど高度医療設備を有する全国でも有数の病院である木沢記念病院と連携し、木沢記念病院でも検査や治療が受けられるよう車で送迎するサービスなども行っています。
また、人間ドック専門の健康管理センターを設け、病気予防にも力を入れています。まだ新しくて設備も充実した病院ですので、人間ドックを受診する方も多いですね。こうした健康維持にまつわるサービスも、質が高いと好評です。患者さまからは「病院の対応が手厚くて、医師や看護師さんもやさしいね」と言っていただけるほどなんですよ。
こうした環境面やサービス面を意識するのは、医療業界もホテル並みのホスピタリティーが求められているからにほかなりません。さもないと患者さまにリピートしていただけませんから。重要なのは“人”であり、マンパワーの充実が大切だと言えます。
そうしたマンパワーの充実をはかる施策の一つが、病院の敷地内に併設した「子育て支援センター」です。ここは0歳児から預けられる託児所で、女性の比率が高い医師や看護師が24時間安心して働ける環境を整えるべく設置しました。

「子育て支援センター」では、病院で働くお母さんの迎えが来るまで保育士さんたちが面倒をみてくれる。▲「子育て支援センター」では、病院で働くお母さんの迎えが来るまで保育士さんたちが面倒をみてくれる。

ガス発電とその廃熱の空調利用で節電&省エネ。
さらにベストミックスで災害対策に貢献。

3階まで吹き抜けになっているロビーも、ガス空調のおかげで常に快適な空間に保てています。
実はこの多治見市民病院を新設する際に、最優先に考えたのが災害対策です。例えば、建物は免震構造に、空調や照明、厨房などは、エネルギーセキュリティ面を考慮して、ガス、電気、油を組み合わせています。さらに自家発電も備えており、水は水道が止まっても地下水に切り替えることができます。
こうした万全のエネルギー対策により、万が一東日本大震災クラスの災害が発生しても対応可能になっています。自然災害に対する対策は、命を守る病院に課された使命だと考えています。
現在、病院にはガスで発電するマイクロコージェネ4台と、その廃熱を空調に利用するジェネリンク2台を導入しており、節電と省エネに貢献してくれています。
人命を預かり、高度化・多様化する医療ニーズや安全・安心の提供に応える私たちにとって、ガスの役割はますます高まっています。

マイクロコージェネ(35kW×4台)で電気を作り節電に。使用状況に合わせて1台から運転できる。▲マイクロコージェネ(35kW×4台)で電気を作り節電に。使用状況に合わせて1台から運転できる。

廃熱で<ジェネリンク>(985kW×2台)を動かし、広いロビーや診療室、病室などの空調を行い、衛生管理にも活躍している。▲廃熱で<ジェネリンク>(985kW×2台)を動かし、広いロビーや診療室、病室などの空調を行い、衛生管理にも活躍している。

このページを印刷

各社へのお問い合わせはこちらよりうけたまわります。お気軽にお問い合わせください。ガス冷暖房をもっと知りたいなら!今すぐお問い合わせ!
 
導入事例TOP
お客さま情報
多治見市民病院
古田 光國氏

社会医療法人厚生会
多治見市民病院
事務長

古田 光國氏

〒507-8511
岐阜県多治見市前畑町3丁目43
TEL 0572-22-5211
http://kouseikai-tajimi-shimin.jp/

日本一高い気温を記録したことや、陶器の美濃焼でも有名な岐阜県多治見市。2013年8月に新設された多治見市民病院は、地域医療の中核を担う病院として、市民の健康を守っています。多様化するニーズに対応するために、さまざまな先進的な医療技術や機器の導入を進め、さらなる地域医療の充実をめざしています。現在は、指定管理者制度(※)により、同県美濃加茂市にある木沢記念病院が母体の社会医療法人厚生会が管理・運営を行っています。
※公の施設を民間事業者•団体等を指定し管理運営させる制度。

ガスで発電するマイクロコージェネと、その廃熱を空調に利用するジェネリンクを導入された多治見市民病院さま。「診療室や待合室、廊下までが快適な温度環境な上、湿度も50〜60%に設定することで衛生面の管理も可能になりました。また、厨房機器や寝具類の乾燥でもガスを活用しています」と節電や省エネ以外の効果も実感していただいています。
ガス冷暖房導入プロセス