ガス冷暖房辞典~知りたい!環境にやさしく省エネ・省コストなガス冷暖房~

ホーム > ガス冷暖房辞典 > 節電も省エネも両立「GHP XAIRⅡ」

節電も省エネも両立「GHP XAIRⅡ」

  • google+

新世代のガス冷暖房誕生!!

新しく誕生した「GHP XAIRⅡ」は、従来の「GHP XAIR」に比べて、さらに年間運転効率がアップ。節電も省エネも両立でき、お客さまの節電・省エネ対策に大きく貢献するまさに新世代のガス冷暖房です。
また、これまでの省エネに加えて、節電も努力義務化され、ますます節電対策が求められるようになった2014年4月改正の省エネ法にも対応しています。

お客さまの節電・省エネ対策に大きく貢献! ※「GHP XAIRⅡ」は2015 年10 月から順次販売を開始します。

GHP XAIRⅡの特長
GHP XAIRⅡの開発ポイント
改善ポイント1 ガスエンジン
エンジンの回転数を低減し、低負荷運転時の効率をアップ

GHPの低負荷運転時の効率を向上するには、エンジンの作動・停止によるエネルギーロスを減らすことが重要です。そこで、エンジンの回転数範囲を拡大して最低回転数の低回転数化を図るなどして、最低出力を平均約15%低減。低負荷時の連続運転ができるようになり、エンジンの発停ロスの低減が実現しました。

プーリー径拡大により、圧縮機回転数を最適化し圧縮機効率維持

改善ポイント2 熱交換器
室外機熱交換器の伝熱性能向上により熱交換効率をアップ

冷媒を空気で冷却するための熱交換器の列数を、従来の2 列から3 列に増やし、さらに、熱交換器の形状を変更したことなどで、伝熱面積を拡大。熱交換器の熱交換性能が向上しました。

伝熱面積アップで、熱交換効率向上

改善ポイント3 ファン
室外機放熱ファンの送風効率を向上

ファンのプロペラ径を大きくしたことと、ファンシュラウド(プロペラの流路ガイド)の形を改良したことなどで、送風効率が向上しました。

ファン消費電力の低減

このページを印刷

各社へのお問い合わせはこちらよりうけたまわります。お気軽にお問い合わせください。ガス冷暖房をもっと知りたいなら!今すぐお問い合わせ!
 
ガス冷暖房辞典TOP
導入事例を見る